お寺で草取りを行なう際のお手入れテクニック

お寺の美しさを保つ秘訣は「敷地の管理を徹底すること」 お寺の美しさを保つ秘訣は「敷地の管理を徹底すること」

お寺の敷地内のお手入れを楽に行なうために・・・

敷地内のお手入れは、どのような方法ですれば効率的にできるかをQ&A方式で紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

お手入れに関してよくある質問


草取りが楽になる方法はありますか?
草取りを行なう場合には、雨上がりが最高に適している条件です。なぜなら、土が柔らかくなって大きな力を入れずに根っこから草を抜くことができるからです。これなら広いお寺の敷地内でも草を抜きやすくなるでしょう。また、雨上がりにできなくても、ホースなどで水を撒くと同じ効果が得られます。水が土に染み込んでから作業を始めれば、服や靴がドロドロになることも防げます。
植木の剪定を依頼するタイミングはいつですか?
お寺には様々な木々が植えられているでしょうが、その木の剪定のタイミングに関しては見極めるのが難しいでしょう。ですが、種類によって剪定のタイミングを計ることができます。常緑樹は6月と10月頃の2回ですし、針葉樹は春と10月、落葉樹は11月あたりから3月頃に剪定を依頼すると良いでしょう。春に花が咲く木の場合は、花が咲き終わった後が剪定のタイミングです。
抜根はどのように行なうのですか?
敷地内にある植木などを抜きたい場合には、人間の力では土を掘り起こしたり、木を引き抜けなかったりする場合もあります。そういった場合には、大きな力のある重機を使用することになります。また、植木が道路の近くになる場合などは、クレーンを使用します。重機のように掘る作業は出来ませんが、引きぬく力が強いので、重機だけで作業するよりも短時間で行なうことが可能です。

人が集まる場所だからこそ綺麗にしておきたい

お寺は多くの方が来られる場所でもありますので、敷地内の維持は欠かせません。また、敷地も広く、自分の力だけでは草取りや剪定を綺麗に行なうことは難しいでしょう。抜根に関しては専門業者に依頼すると短時間で作業が終了し、来訪者に迷惑がかかる心配もなくなります。その他にも、自分自身で作業するよりも技術に優れた専門業者ならではのバランスの良い剪定によって、敷地内をより綺麗にすることが可能になりますので、お手入れに困った際には専門業者に相談すると解決できるでしょう。

TOPボタン